ポスティング日記

トップ >  ポスティング日記 > ポスティングのチラシデザインガイド【無料のテンプレートサイトも紹介】

ポスティングのチラシデザインガイド【無料のテンプレートサイトも紹介】

「ポスティングのチラシデザインの方法がわからない」
「チラシデザインのコツが知りたい」
「チラシデザインで利用できるテンプレートが知りたい」

ポスティングのチラシデザインを検討する上で、上記のようなお悩みはないでしょうか?

ポスティングのチラシデザインは「反響率」に影響するため、慎重に実施する必要があります。

本記事では、チラシデザインに挑戦する方に向けて、デザインのコツなどを紹介しています。

ポスティングチラシデザインの基本要素は2つ

ポスティングチラシデザインの基本要素は2つ

ポスティングチラシデザインは「視覚的要素」と「テキスト要素」に分類されます。

まずは、チラシをデザインする前に各要素について理解しましょう。

視覚的要素(色、形、レイアウト等)

ポスティングチラシデザインにおける視覚的要素には、読者の注意を引きつけ、情報を伝達し、行動を促す重要な役割があります。

これらは色、形、レイアウトなどから成り立ちます。

色は読者の感情と反応を引き出す力を持っています。

例えば、鮮やかな色は興奮を引き起こし、落ち着いた色は信頼感を与えるでしょう。

形状はチラシの全体的な印象を形成します。

例えば、円形は親しみやすさを、四角形は安定感を象徴します。

レイアウトは情報の流れを導き、読者に重要なメッセージを効果的に伝えることが可能です。

これらの視覚的要素が適切に組み合わさると、読者にとって魅力的で理解しやすいチラシが完成します。

テキスト要素(ヘッドライン、本文、コール・トゥ・アクション等)

ポスティングチラシデザインにおけるテキスト要素は、ヘッドライン、本文、コール・トゥ・アクションなどから成ります。

これらは情報を伝え、読者の行動を導くために不可欠です。

ヘッドラインは最初に目を引く部分です。

例えば、鮮やかな色や大きなフォントを使用することで、読者の注意を引きます。

本文は、製品やサービスの詳細を伝えるために使用され、直接的で簡潔な文体が求められます。

コール・トゥ・アクションは、読者に何をすべきかを明確に伝えるために重要です。

例えば「今すぐ予約!」など、具体的な行動を促します。

これらのテキスト要素が適切に組み合わさると、読者にとって理解しやすく、行動を起こしやすいポスティングのチラシデザインが完成します。

自分でポスティングチラシをデザインするための④STEP

自分でポスティングチラシをデザインするための④STEP

自分でチラシをデザインするための手順を紹介します。

チラシのデザインをはじめる前に、まずは流れを理解しましょう。

【STEP①】チラシの目的を明確にする

まずはじめに、チラシの目的を明確にします。

目的がデザインの方向性を決定づけ、チラシが伝えるべきメッセージを形成します。

例えば、新製品の発表、特別なイベントの告知、あるいは一般的なブランド認知度向上など、目的は様々です。

この目的が明確になれば、それに適したビジュアル、テキスト、色彩を選択する基準ができます。

【STEP②】競合店のチラシをリサーチする

次に、競合店のチラシをリサーチしましょう。

競合店のチラシを調査すると、デザインのトレンド、ユーザーの関心、さらには成功しているデザインの手法を理解することが可能です。

例えば、競合店が特定の色を多用したり、特定の言葉を強調したりしている場合、ターゲットとなるユーザーがその要素に反応する可能性があることを示しています。

他者の成功から学び、自身のデザインに応用することが、効果的なチラシを作成する鍵となるでしょう。

【STEP③】デザインに取り掛かる

次に、デザインに取り掛かります。

この段階では、前の準備段階で得た情報を用いて、視覚的に魅力的なチラシを作り上げます。

明確なメッセージを伝えるための文字列、色彩、画像、レイアウトを選びましょう。

例えば、対象のユーザーが反応しやすいとわかっている色やイメージを用い、メッセージを強調する大きなフォントを使用します。

【STEP④】チラシを印刷する

デザインが完了したら、印刷します。

印刷は自分で行うか、印刷会社に依頼するかを決めます。

このとき、紙質や印刷の品質もチラシの印象に影響を与えるため、適切な選択を心掛けましょう。

ポスティングのチラシデザインのコツ3選

ポスティングのチラシデザインのコツ3選

ポスティングのチラシデザインのコツ3選を紹介します。

下記のコツを取り入れてからデザインに取り掛かりましょう。

ターゲットを明確にする

ポスティングのチラシデザインにおいて、ターゲットを明確にすることは非常に重要です。

なぜなら、ターゲットの選定はデザインの方向性を決定し、メッセージの明確化につながるからです。

例えば、若者をターゲットにしたチラシであれば、トレンドを取り入れたカラフルでユニークなデザインが効果的でしょう。

一方、高齢者を対象にした場合、シンプルで読みやすいレイアウトと文字の大きさが重要となります。

また、ターゲットによっては、特定の色が好まれたり、特定の言葉に反応したりする傾向があります。

これらの特性を理解して反映することで、チラシの効果を最大化します。

関連記事:ポスティングのターゲットの決め方とは【ターゲット事例も紹介】

ユーザーの視線を意識したデザインにする

ポスティングのチラシデザインでは、ユーザーの視線を意識したデザインにすることが大切です。

なぜなら、視線の導線は、ユーザーがチラシの情報をどのように理解するかを大きく左右するからです。

人間の視線は自然と左上から右下へと流れる傾向があります。

例えば、人間の視線は自然と左上から右下へと流れる傾向があります。

これを踏まえて、重要なメッセージや視覚的な要素をこの視線の流れに沿って配置すれば、チラシの情報を効果的に伝えることが可能です。

また、大きな見出しや鮮やかな色、ユニークなイラストなどは、視線を引きつける重要な要素です。

視線を引きつける要素を使ってユーザーの注意を引き、その視線を重要な情報へと導くことも大切でしょう。

視覚的にメリハリのあるレイアウトにする

ポスティングのチラシデザインにおける重要な要素の一つは、視覚的にメリハリのあるレイアウトを作ることです。

なぜなら、メリハリのあるレイアウトは視覚的に引き立ち、情報の伝達を助けるからです。

メリハリのあるレイアウトを作るためには、色彩、形状、配置の3つの要素が重要となります。

背景色と文字色のコントラストをはっきりさせる

例えば、背景色と文字色のコントラストをはっきりさせることで、テキストが目立ちやすくなります。

また、形状については、円形や角張った形状などを使い分けることで、視覚的なインパクトを生み出せます。

さらに、配置についても考慮が必要です。

最も重要な情報は中央や上部に配置し、その他の情報は周辺に配置するといった工夫が求められます。

ポスティングチラシのデザインテンプレートが無料で利用できるサービス2選

ポスティングチラシのデザインテンプレートが無料で利用できるサービスを紹介します。

デザインに取り掛かる上で、アイデアが浮かばない方は、下記サービスを利用してみましょう。

Canva(キャンバ)

Canvaは直感的な操作でデザインが可能なオンラインツールです。

数千以上のテンプレート、画像、フォントが用意されており、初心者でも簡単に美しいポスティングチラシを作成できます。

作成したデータは、印刷用PDFとしてダウンロード可能です。

有料のテンプレートもありますが、無料プランでもクオリティの高いポスティングのチラシデザインが実現できます。

URL:https://www.canva.com/

PIXTA

PIXTA(ピクスタ)は、アジア最大級のストックフォト(写真素材)サービスで、写真やイラスト、ベクター素材、動画など、様々な種類のクリエイティブ素材を提供しています。

チラシ・ポスター・DM(ポストカード)に使える無料チラシデザインテンプレートが950点以上あるのが特徴です。

ダウンロードしたテンプレートには写真が入っていないため、PIXTAから購入するもしくは、自分で撮影した写真を差し込む必要があります。

URL:https://pixta.jp/templates

まとめ

ポスティングのチラシデザインは「視覚的要素」と「テキスト要素」に分類されます。

この2つの要素を考慮することで、ユーザーにとって魅力的で理解しやすいチラシが完成します。

ポスティングのチラシデザインでお悩みの方は、是非「東海配信」をご利用ください。

東海配布は、愛知県名古屋市を中心に活動するポスティング業者です。

ポスティングに特化した反響の出やすいチラシやご要望にあったチラシを作成させて頂きます。

また、業界最安値に挑戦しており、名古屋市内でのポスティングサービスは1円から、市外では2円から提供しています。

名古屋を中心に愛知県、岐阜県、三重県の東海三県で地域密着型のサービスを提供しています。

無料見積もりはコチラ

0120-107-209
無料お見積り・ご相談
お問い合わせ
メニュー
  • お見積り・ご相談
  • 10:00~20:00 年中無休0120-107-209
このページのトップへ